2017 Abstracts

We will add abstracts as we receive them. 講演内容を準備できた順に足していきます。

“Taking RISC-V to Mainstream ASIC’s,” Dr. Charlie Hong-Men Su, Andes

「主流ASICへRISC-V知財を集積する」 チャーリー ホング・メン スー博士(台湾アンデステクノロジーズ)

Abstract: Andes is Asia’s first CPU IP company with over 2-billion Andes-Embedded SoCs shipped for customers’ diversified applications, from wireless connectivity, sensor processing such as touch controllers, storage, audio/image/video, microcontrollers, IoT, to deep learning accelerators, datacenter routers and more, with customers locating in Taiwan, China, Japan, Korea, US and Europe. As a Founding Member of the RISC-V Foundation, Andes would like to help bringing RISC-V to those markets with the infrastructure and experience we built over the past 12 years. In this talk, we will present how Andes advances from our AndeStar™ V3 architecture to the new-generation AndeStar V5, a superset of RISC-V, what we bring to the party, and our extensions to RISC-V architecture to cover the requirements of diversified applications.

講演概要: アンデス社は、アジアの最初のCPU知財会社である。顧客は応用に対してすでに20億個(2,000,000,000)以上の組み込み用SoCを出荷している。顧客応用は多様であり、ワイヤレスコネクティビティ、タッチコントローラ等のセンサ処理、ストーレージ、音声/画像/ビデオ、マイコン、IoTから深層学習のアクセラレータ、データセンタのルータ、さらに多くの応用に拡がっている。顧客は台湾、中国、韓国、米国と欧州に広がっている。RISC-Vの創設メンバとして、RISC-Vを、アンデスが過去12年間に積み上げたインフラや経験を活用することにより、これらのマーケットに進出させようとしている。この講演では、アンデス社がAndeStar(tm) V3アーキテクチャから新世代のAndeStar(tm) V5アーキテクチャ(RISC-Vのスーパーセット)に展開させるかについて語る。アンデス社がどのような技術をRISC-Vに持ち込むか、アンデス社が多彩多様な応用要求に応えるためにRISC-Vアーキテクチャに加えた拡張について述べる。

“Developing Fedora on 64-bit RISC-V,” Wei Fu, Redhat Hardware Enablement Team

「64ビット RISC-V上のフェドラ リナックスOS開発」 ウエイ フー氏(レッドハット社ハードウエア有効化チーム)

Abstract: Wei Fu, a Redhat system software engineer, will give a talk on current status of key software development for 64-bit RISC-V, compiler and cross tools, library, firmware, and operating system. Redhat has completed the part of porting of Fedora Linux distribution which constitutes the 1st of steps which eventually will lead to a complete Fedora system on the 64-bit RISC-V. Redhat engineers are working on bootstrap of Fedora on 64-bit RISC-V. Engineers including Hewlett Packard Enterprise Co. are working on the UEFI. They have made some very good progress. Wei Fu will discuss how to produce a Fedora Linux operating system on a complete 64-bit RISC-V from scratch. Redhat currently provides Redhat Enterprise Linux (RHEL) on Intel X86. IBM Power, and ARM64 has been recently added. Wei Fu, as a Linaro assignee, has made contributions by upstreaming some significant drivers’ patchset. Wei Fu will discuss what we can learn from the development experience of other architecture (e.g. ARM64) to figure out how to make an industry standard RISC-V machine to accelerate the growth of RISC-V business, and ensure 64-bit RISC-V can be used as a standard Server in a future Multi-architecture datacenter.

講演概要: 講演者ウエイ フー氏は、レッドハット社のエンタープライズサーバ向け主力ソフトウエアの開発部門でinuxのOSパッケージ管理システム(UEFI/ACPI/Linux)を開発するシステムソフト開発エンジニアです。64ビットのリスクファイブ(RISC-V)のコンパイラ、クロスツール、ライブラリ、ファームウエアとOS開発の状況について報告します。レッドハット社は、フェドラLinuxディストリビューションを完全に移植へ至るための、第一ステップを完了しました。レッドハットのエンジニアがブートストラップブートローダ(ACPI)、HPのエンジニアが総合ブートローダ(UEFI)を移植中です。ウエイ フー氏は、64ビットのリスクファイブのフルシステムにフェドラ Linux OSを、どのようにゼロから構築するかの方法論について解説します。レッドハットは、エンタープライズサーバ用Linux(RHEL)をインテル社のX86アーキテクチャ、IBMのパワーアーキテクチャを供給しており、最近、これにARM64を加えました。ウエイ フー氏は、リナロ社向けの貢献者としてARM64 RHEL構築に重要ドライバのパッチセットをカーネル上流に投稿し受理されました。ウエイ フー氏は、ARM64などの他のアーキテクチャへのRHEL移植経験から学んだことを基に、どのようにすれば業界標準のリスクファイブを使ったコンピュータを作りリスクファイブのビジネスを加速できるか、さらに64ビットリスクファイブが標準サーバとして、未来のマルチアーキテクチャのデータセンタに使われるようにすることができるかについて述べます。
“The Status of RISC-V Software Infrastructure and Foreseen Future,”
Akira Tsukamoto (Previously at Toyota, Linaro Ltd., Sony Computer Entertainment, Toshiba)
「RISC-Vソフトインフラの現状と将来の方向性」 塚本 明氏(トヨタ、Linaro Ltd.、Sony Computer Entertainment、東芝等に在籍)
Abstract: In order to succeed in semiconductor business, the semiconductor manufacturer MUST prepare the software environment. Mr. Akira Tsukamoto is a software specialist in open source software, trusted execution environment, parallel processing and graphics libraries. In his presentation he will explain the key words of software components and its content in a level understandable for the audiences who are not software experts. CPU products including micro-controller cannot be accepted in marketplace when they are presented as electronic components themselves. Compared to 8-bit microprocessors such as intel’s 8080 and Zilog’s Z80, in order to merchandize 32/64-bit micro-controllers and micro-processors , compiler tools, development environment, device drivers and communication stack need to be there in the first place for the user. Otherwise the user will lose to the competitors in development time and cost. The users choose the micro-controllers and micro-processors which has software so the user can immediately start developing application functions which is the true source of end product value, even if they carry higher price tags. The presenter introduces the compilers, cross tools, library, operating systems (OSes), I/O drivers, development tools, needed for the micro-controllers and the processors to be accepted in the embedded application fields and data center clouds used for cloud. He also discusses the backgrounds of recent large Mergers and Acquisitions within semiconductor industry, i.e. why and how they happened. The presenter is a hands-on practitioner of open source software, trusted execution environments, parallel processing, and graphics libraries.
講演内容: 半導体ビジネスで成功するためにはソフト環境を半導体メーカーが準備する必要がある。成功している半導体メーカーでの、ソフトウェア関係のキーワードとその内容についてソフトウェア専門家でなくても理解できる内容で解説する。マイコンも含むCPU製品は単体販売ではビジネスとして市場に受けいられにくい。32bit/64bitマイコンやCPUを使って商品化するには、8080 や Z80とは違い、コンパイラ、開発環境、デバイスドライバ、通信スタックを最初から開発すると、開発期間とコストで競争相手に負けてしまう。最終製品の差異化の源泉であるアプリ機能の実装にソフトウェアエンジニアがすぐに入れるマイコンやCPUがたとえチップの販売コストが高くても選択される。マイコンやCPUがプラットフォームとして組み込み市場とクラウドに使われるデータセンター市場で受けられるための、コンパイラ、クロスツール、ライブラリ、OS、IOドライバ、開発ツールで今デファクトスタンダードとなっている背景とRISC-Vの関係を紹介します。そして最近の半導体企業の大型M&Aの背景をお話いたします。講演者塚本明氏は、オープンソース基盤ソフト、トラスト実行環境、並列処理、グラフィクスライブラリの開発者です。