東京 2018年10月18日

RISC-V DAY TOKYOで貴方がプレゼンされたい内容を提案ください! 10月18日に東京で開催されるRISC-Vの日に、あなたのRISC-Vコミュニティでの、最近の活動をみんなに伝えるための提案書を募ります。

重要な日付: 提出期限:8月10日 スピーカー通知:8月中旬

プレゼンには2つの時間があります(25分と12分)。ここをクリックすると提案投稿のページに行きます。このページの下に投稿方法の詳しい説明をします。

2018年10月18日、慶應義塾大学、東京でRISC-V改革に参加! RISC-V Day Dayに出席し、オープン規格のコラボでマイクロプロセッサIP市場を変革する力の一部になりましょう。マイクロプロセッサIP市場に大きな地殻変動が起きています。RISC-Vはライセンスが不要で魅力的なアーキテクチャーとして急速に支持を増やしています。 このオープン規格のコラボは、半導体市場で永年確立された世界秩序を変革し再構築します。この変化の影響は、シリコンバレーからケンブリッジクラスターを超えて世界中に影響を与えています。この非線形的な変革技術について興味を持ち、その利点について学び、あなたの会社の戦略と競合他社の戦略への商業的影響を理解する時がきました。今年10月、東京の広大かつ国際的なRISC-Vエコシステムに参加し、現在および将来のRISC-Vプロジェクトおよび実装について議論し、今後の命令セットアーキテクチャ(ISA)の歴史に影響を与えましょう。

投稿提出ガイドライン: 投稿抄録はPDF形式で最大2ページで構成され、タイトル、著者、所属が必要です。 追加資料として、主催者が自らの裁量(オプショナル)で審査提出物を添付します。 提出ウェブサイトでは、希望するプレゼンテーション形式(25分トーク、12分トーク)を選択します。

投稿提出方法の説明:

著者1(連絡コンタクトポイント代表): ①ファーストネーム* ②名字* ③所属する組織* ④職名* ⑤著者のバイオ(関連経験履歴)* ⑥電子メールアドレス* ⑦電話番号* ⑧国* ⑨ウェブページ*

著者2: ①ファーストネーム* ②名字* ③所属する組織* ④職名* ⑤著者のバイオ(関連経験履歴)* ⑥電子メールアドレス* ⑦電話番号* ⑧国* ⑨ウェブページ*

題名と要約:タイトルと要約は平文として入力する必要があり、HTML要素を含目ないでください。① セッションタイプ* ②タイトル* ③内容要約* あなたが提示する予定のトピック/論文の簡単な説明を含めてください:150〜200語。③論文提出:サポート情報を含めたい場合は、簡単なフォームをアップロードできます。 論文はPDF形式(ファイル拡張子.pdf)で、2ページ以内でなければなりません。論文提出の場合、応募用紙は2ページ以内でPDF形式でアップロードしてください。

他会議へ同一内容で提出したか?:①投稿履歴*:この論文またはその書式は、別の会議に提出または提出されていますか?

必須フィールド(*)はすべて記入する必要があります。

最後にサブミットボタンを押してください。提出フォームはここ!

開催場所: 慶應義塾大学日吉キャンパス藤原ホール、〒223-8526 横浜市、神奈川、港北区日吉4-1-1