講演者紹介 (Speakers)

Note: We are constantly adding speakers today.. So from time to time use browser’s page reload command.

Prof. Krste Asanović | University of California Berkeley | Founder RISC-V Foundation | CTO SiFive.

Krste
Krste Asanovic先生。RISC-V基金創始者。

Krste Asanović is a Professor in the EECS Department at the University of California, Berkeley. He received a PhD in Computer Science from UC Berkeley in 1998 then joined the faculty at MIT, receiving tenure in 2005. He returned to join the faculty at Berkeley in 2007, where he co-founded the Berkeley Parallel Computing Laboratory (“Par Lab”). His main research areas are computer architecture, VLSI design, parallel programming and operating system design. He is currently Director of the Berkeley ASPIREALGORITHMS AND SPECIALIZERS FOR PROVABLY OPTIMAL IMPLEMENTATIONS WITH RESILIENCE AND EFFICIENCY) lab tackling the challenge of improving computational efficiency now that transistor scaling is ending. He leads the free RISC-V ISA project, is Chairman of the RISC-V Foundation, and has recently co-founded SiFive Inc. to support commercial use of RISC-V processors. He is also an Associate Director at the Berkeley Wireless Research Center, and holds a joint appointment with the Lawrence Berkeley National Laboratory. He received the NSF CAREER award, and is an ACM Distinguished Scientist and an IEEE Fellow.

クレシート・アサノビック先生は、カリフォルニア大学バークレー校(UCB)の電子工学コンピュータサイエンス学科の教授です。1998年にUCBでコンピュータサイエンスのPhDを取得後、マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授陣に加わり2005年にテニュアを獲得しました。その後、2007年にUCBの教授陣に加わり、インテルとマイクロソフトの後援を受けてバークレー並列計算コンピュータ研究室(”Par Lab”)を、パートナ達と設立しました。アサノビック先生の主たる研究分野は、コンピュータアーキテクチャ、VLSI設計、並列プログラミングとオペレーティングシステム設計です。アサノビック先生は、現在、UCBのASPIRE研究室の所長です。ASPIREとは「対応力と効率性を持つ証明可能に最適な実装を実現するアルゴリズムと特殊プロセサ」の略で、ムーア法則による半導体のスケーリングが終末期を迎えた今、どのように演算効率を上げるかというチャレンジに立ち向かうことを目的とした研究室です。アサノビック先生は、命令セットを無償かつ自由に使えるようにするRISC-Vプロジェクトを「コンピュータアーキテクチャ 定量的アプローチ」「コンピュータの構造と設計RISC-V編」の著者であるパターソン先生とともに始めました。現在では、RISC-Vプロセサの商用化を促進するために、RISC-V基金を設立しその会長であり、SiFive社のCTOでもあります。アサノビック先生はワイヤレス技術の開発と応用を多岐にわたり研究するバークレーワイヤレス研究所(BWRC)のアソシエートダイレクタでもあり、ローレンスバークレー研究所も兼任されておられます。アサノビック先生は、若手研究者を対象としたアメリカ国立科学財団(NSF: National Science Foundation)のNSF CAREER賞、計算機械学会(ACM: Association of Computing Machinery)の科学者賞を受賞しており、IEEEのフェローでもあります。

Hiroshi Fujiwara | Chairman, President & Chief Executive Officer, BroadBand Tower Inc. | Internet Research Inc. 写真ー藤原洋(201708)

Dr. Fujiwara is the founder and president of Tokyo-based firms BroadBand Tower (BBTower) and Internet Research Institute (IRI). Dr. Fujiwara is one of Japan’s leading Internet visionaries, philanthropists and investors. He is a key figure and mentor in science-based entrepreneurship in Japan, and his funds invest in industries ranging from the Internet to life sciences. He is one of the key contributors to the global standardization of MPEG digital video compression technology and was an early architect of Japan’s Internet hardware system. DPrior to BBTower and IRI, he worked at IBM Japan, Hitachi Engineering, ASCI II and Bellcore. Dr. Fujiwara then founded IRI, an Internet technology venture firm that in 1999 became the first IPO at Tokyo’s new MOTHERS Exchange. In 2000, he founded BBTower, an Internet data center, cloud and e-commerce platform, that counts Yahoo!Japan as one of its largest clients. Dr. Fujiwara holds degrees in astrophysics from Kyoto University and engineering from the University of Tokyo.

藤原洋氏は、東京にあるブロードバンドタワー社(BBTower)とインターネット綜合研究所(IRI)の創始者であり代表です。藤原洋氏は、日本でインターネットの本質をいち早く理解したビジョナリ、慈善家、投資家です。日本で「科学に基づく起業家精神」のトレンドをセットした代表的な教宣者の1人です。投資ファンドはインターネットから生命科学まで広い範囲に及びます。藤原洋氏は、画像符号化高速処理方式であるMPEGデジタルビデオ圧縮技術の世界標準化を中心的に進め、コンピュータを利用した通信、放送、蓄積メディア間の情報交換ネットワークの研究を先進的に推進された日本インターネットのハード基盤のアーキテクトです。藤原洋氏の監修されたMPEG教科書は有名な著作であります。BBTowerとIRI以前、日本IBM、日立エンジニアリング、ASCII社、ベルコア社におられました。1999年に、藤原洋氏はインターネット技術ベンチャ会社のIRI社を発足させ、当時東京に発足したばかりのMOTHERS株式取引市場で最初の株式公開(IPO)をしました。2000年に、藤原洋氏はBBTower社を設立しインターネットデータセンタ、クラウド、電子コマースを兼ねたプラットフォームを構築しました。Yahoo!JapanはBBTowerのクライエントです。藤原洋博士は、京都大学から宇宙物理学、東京大学から工学博士の学位を授与されています。1991年には郵政省テレコム旬間推進協議会会長賞を受賞されています。

Hiroharu Shimizu, Chief Executive Officer | TechanaLye.about_img_08_shimizu

Hiroharu Shimizu worked on semiconductor development and marketing activities for 30 years until 2015 at Renesas Electronics and a US startup Semiconductor companies. He has deep insight into the semiconductors used in diverse applications. Since 2015 Mr. Shimizu started to work as a Principal Analyst of TechanaLye. Techanalye investigates, analyzes, performs teardown layer by layer, and reanimates semiconductors, board, and systems, electronics end products, industrial products, and instruments. TechanaLye also does design consulting, and training human resource.

清水洋治氏は、ルネサス エレクトロニクスや米国のスタートアップなど半導体メーカーにて 2015年まで30年間にわたって半導体開発やマーケット活動に従事。さまざまな応用の中で求められる半導体について、豊富な知見と経験を持っておられます。2015年から、半導体、基板および、それらを搭載する電気製品、工業製品、装置類などの調査・解析、修復・再生などを手掛けるテカナリエの上席アナリスト。テカナリエは設計コンサルタントや人材育成なども行われています。

Hideki Sugimoto, CTO, NSITEXE,Inc.スクリーンショット 2017-11-09 22.23.06

Hideki Sugimoto serves as a CTO of NSITEXE, Inc. and a chief architect of mega IPs for vehicle electronics systems. Prior to NSITEXE, Mr. Sugimoto started his career as a high-speed CMOS circuit designer, and became an architect for a micro controller at NEC. After designing a microprocessor for data servers, became a chief architect of a vehicle electronics system at NEC Electronics. Mr. Sugimoto became a manager of vehicle micro controller development and devised an IP distribution model for Renesas Electronics. Mr. Sugimoto architected an optimized vehicle electronics systems while managing the definition of semiconductor procurement at Denso until he joined NSITEXE, Inc. Mr. Sugimoto is a contributor of numerous patents including processor architecture and microarchitecture.

杉本 英樹氏は、2017年に設立された株式会社 エヌエスアイテクスのCTOであり、車載電子システム用巨大知財のアーキテクチャを開発しています。日本電気株式会社でCMOS回路設計と制御系CPUアーキテクトを務めた後、NECエレクトロニクスでサーバ向けアーキテクチャを開発しました。NECエレクトロニクスがルネサスと統合した後、車載マイコン向けCPU開発を統括しIP流通モデルを企画しました。2014年からデンソーに移り、LSI製品の仕様要件定義をしながら、車載電子システムのアーキテクチャ開発をしました。車載電子システム向けの新アーキテクチャを開発した後、半導体事業部車両電子システム向けアーキテクチャを開発しました。杉本氏は多数のプロセサのアーキテクチャ、マイクロアーキテクチャ関連特許を持っておられます。

Jack Kang, VP of Product and Business Development | SiFive.Jack Kang

Jack Kang is Vice President of Product and Business Development at SiFive. Prior to SiFive, Jack held a variety of senior business development, product management, and product marketing roles at both NVIDIA and Marvell, with a long track record of very successful, large scale design wins. Jack started his career as a frontend design engineer, with a focus on CPU architecture and design. Jack received his BS degree in Electrical Engineering and Computer Science from UC Berkeley.

ジャック・カング氏は現在、SiFive社の製品とビジネス開発の副社長です。カング氏は、SiFiveに来られる前、nVidia社とMarvell社で、知的ビジネス開発、製品定義管理、製品マーケティング等の多様な職務を果たし、大規模デザインウインを成功させました。カング氏は、CPUアーキテクチャと設計を中心とした設計エンジニアとして電子工学系の仕事を始めました。カング氏は、カリフォルニア大学バークレー校で、電子工学及びコンピュータサイエンスの学位を取得しました。

Eiji Kasahara, Esperanto Technologies.IMG_0023

Eiji Kasahara is a member of Esperanto technologies and also famous for his role as an architect of PlayStation3 Cell Broadband Engine microprocessor (CELL/B.E.). Eiji’s recent achievements include promoting CPU/GPU/Memory optimization technique for game developers of PlayStation4 and creating a next generation platform ecosystem as Director of Microprocessor at Sony Computer Entertainment America in Foster City. Eiji was responsible for development of CELL/B.E. design, power-performance, semiconductor process technologies in 90nm, 65nm, and 45nm generation SOI process to reduce cost and power as Deputy of Sony-Toshiba-IBM Design Center in Austin, Texas. Before joining Sony corporation, Eiji developed NEC SX-5 supercomputer and NEC ACOS4 mainframe computers in Japan.
笠原栄二氏は、エスペラント・テクノロジ社の技術メンバーです。ソニー・コンピュータエンタテインメント社(SCE)の技術ディレクタ時代に、プレイステーション3用のマイクロプロセッサー(CELL/B.E.)を開発したアーキテクトとして知られています。笠原氏の最近の業績は、フォスターシティのSCE時代に、次世代プラットフォームのエコシステムを構築したこと、そしてプレイステーション4のゲーム開発者に対して、CPU/GPU/メモリの最適化技術をプロモートしたことです。笠原氏は、テキサス州オースチンのソニー-東芝-IBMのデザインセンタの副所長としてCELL/B.E.の設計開発及び、消費電力と性能に関して指揮し、90nmから 65nm, 45nm世代のSOI半導体プロセスへのシュリンク設計開発と量産を成功させました。そしてバルク化の検討を行いました。サンノゼのソニー時代はMIPSプロセッサーの開発を、そしてソニー(株)の前は、笠原氏はNECのSX-5スーパーコンピュータとNECのACOS4メインフレームコンピュータのマイクロプロセッサーを開発しました。笠原氏は山梨大学の計算機科学科でコンピュータサイエンスの学士を取得しています。

Charlie Hong-Men Su, CTO and Senior Vice President of RD & TM|Andes Technology. Charlie

Dr. Charlie Su is the first employee of Andes. He is in charge of product development and technical marketing. He spent over 12 years in the Silicon Valley with various technical and management positions at Sun Microsystems, Afara Websystems, C-Cube Microsystems, SGI/MIPS, and Intergraph. He made key contributions to several successful processors such the Sun multi-core multi-threading Ultrasparc T1 and T2 processors, the C-Cube high-performance E-series MPEG media processors, the MIPS out-of-order R10K processor, and the Intergraph Clipper VLIW processor. Prior to starting Andes, he led the CPU and DSP development in Faraday Technology as Chief Architect. Charlie obtained his Ph.D. in Computer Science from the University of Illinois at Urbana-Champaign, M.S. in Computer Science from National Tsing-Hua University, and B.S. in Electrical Engineering from National Taiwan University.

チャーリー・スー博士は、アンデステクノロジー社が最初に雇った従業員で、製品開発と技術マーケティングを担当しています。スー博士は、シリコンバレーに12年間以上滞在しました。サン・マイクロシステムズ、Afafaウエブシステムズ、C-Cubeマイクロシステムズ、SGI/MIPS、インターグラフ等で、多くの技術とマネジメントの仕事に従事しました。スー博士は、いくつかの成功したプロセサの開発の鍵となる貢献をしました。サン社のマルチコア、マルチ・スレッドのウルトラスパークT2、T2プロセサ、C-Cube社の高性能EシリーズMPEGメディア・プロセッサ、MIPS社のR10Kアウトオブオーダ・プロセッサ、インターグラフ社のクリッパーVLIWプロセッサなどがその例です。アンデステクノロジー社を創設する前には、ファラデー・テクノロジー社でCPU、DSP技術のチーフアーキテクトを務めました。スー博士は、イリノイ大学のアーバナ・シャンペインキャンパスでコンピュータサイエンスの博士学位、台湾国立清華大学の修士学位、国立台湾大学の学部学位を習得しています。

Ted Speers, Sr. Director of Space Products team and Technical Fellow, SoC Products Team|Microsemi Corporation.Ted_Speers-300x300

Ted is head of product architecture and planning for Microsemi’s SoC Group, where he is responsible for defining its roadmap for low power, secure, reliable FPGAs and SoC FPGAs. He joined Microsemi in 1987 and held roles in process engineering and product engineering before assuming his current role in 2003. He is a Technical Fellow and co-inventor on 35 U.S. patents. Prior to joining Microsemi, he worked at LSI Logic. Ted has a Bachelor of Science in chemical engineering from Cornell.

テッド・スピアーズ氏は、マイクロセミのSoCグループの製品アーキテクチャ企画部の部長です。スピアーズ氏は、低消費電力、セキュア、高信頼度FPGAとSoC型FPGAについての責任者です。スピアーズ氏は1987年にマイクロセミに就職し、2003年に、現職につくまでは、プロセスエンジニアリングと製品エンジニアリングの責任を持っていました。スピアーズ氏は、同社の技術フェローであり、35の米国特許の発明者です。マイクロセミの社員になる前には、LSIロジックに勤めていました。スピアーズ氏は、コーネル大学で化学工学の学部を終了しました。

Akira Tsukamoto|An Independent Software Developer (Previously at Toyota, Linaro, Sony Computer Entertainment, NEC):

AkiraTsukamoto_400x400Akira is an expert of multicore parallel software foundation, trusted execution software. Most recently Akira was at Toyota and Linaro and enabled Linux OS, middleware and device drivers for the 96boards and ARM community development boards. At Nomovok, Akira developed Meego and Android. At Sony Computer Entertainment, he made contributions on Cell/B.E. Linux Multicore Application runtime Library System (MARS) for Playstation 3 and IBM supercomputers.

塚本氏は、マルチコア並列処理基盤ソフト、トラスト実行ソフトの専門家です。最近はトヨタ、Linaro社でトラスト実行部設計、96ボードのLinux OS、ミドルウエア、デバイスドライバを開発しました。Nomobok社では、携帯車載市場向けのMeegoとAndroidの開発に従事しました。ソニーコンピュータエンタテイメント社ではPS3 と IBM のスパコン用のCell/B.E.上のLinuxで動作するマルチコアアプリの並列処理ランタイムライブラリ(MARS)を開発しました。PS3を使っての分散クラスタコンピューティング環境でのアプリケーションを作りました。日本電気、東芝では、VOIP標準であるSIP、RTPプロトコルによるPBXサーバやIP電話を開発しました。米国コロンビア大学コンピュータサイエンス学科で修士課程修了。

Wei Fu, Software Engineer, Redhatスクリーンショット 2017-11-08 23.39.10

Wei Fu is an Embedded / Enterprise Linux developer with industry/server experience in Linux kernel, driver ,BSP, and system porting development. Wei Fu recently ported Fedora to RISC-V. Wei Fu is an expert on Reliability, Availability, and Serviceability (RAS), Firmware (U-boot / trusted-firmware / UEFI / ACPI) and Linux kernel development. WiFi, Security / Encryption and Open Source Software projects. Wei Fu is working on Linux kernel and drive mechanism, Fedora/RHEL on ARM64, GRUB, UEFI, ACPI and continuously enriching his knowledge of Linux on Server, especially RAS (Reliability, Availability, Serviceability) / EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux). Wei Fu’s other interest includes IoT, drone, and Bluetooth/BLE.

ウエイ・フー氏は、企業 / サーバー応用分野でLinuxカーネル、ドライバ、ボードサポートパッケージ、システム移植開発の経験を持つ組込用 / エンタープライズLinuxの開発者です。ウエイ・フー氏は、ファームウエア(U-boot / trusted-firmware / UEFI / ACPI)、Linuxカーネル開発、WiFi、セキュリティ / 暗号化、オープンソースソフトウエアプロジェクトの専門家です。エキスパートです。ウエイ・フー氏はRISC-Vに強い興味があり、最近、FedoraをRISC-Vに移植しました。ウェイ・フー氏は、Linuxカーネルとドライバ機構、Fedora/RHELのARM64部、GRUB、UEFI、ACPIとサーバ用Linux、ことに信頼性/可用性/保守性技術 (RAS = Reliability, Availability, and Serviceability) / エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ(EPEL)の仕事をしています。ウエイ・フー氏のそれ以外の興味には、IoT、ドローンとブルーツース / BLEです。

Shumpei Kawasaki, Executive Director, Hardware Division, Software Hardware & Consulting (SHC)fullsizeoutput_143a

Shumpei today leads SHC’s development of FPGA/SOC processor platforms. Prior to co-founding SHC, Shumpei worked at Hitachi Semiconductor America (HSA), Renesas America (REA), and Hitachi Ltd in Japan. At HSA and REA, Shumpei’s team developed a Secure Operating System (OS) for Renesas’ security chips. The Secure OS was used in authentication of smart phone accessories, automotive infotainment systems, routers, optical switches, and digital video recorders, and adopted by Renesas’ competitors. During the same period Shumpei’s team developed audio / speech processing library used in automotive hands-free system, and connected navigation systems. Earlier at Hitachi Ltd., in 1989 Hitachi and Motorola ISA Dispute Shumpei worked on technical terms of settlement in 1990. Shumpei defined SH RISC CPU Instruction Set Architecture (ISA). In 1992 Shumpei along with 20 colleagues filed a 280 page patent, “Microcomputer having 16 bit fixed length instruction format,” later called “2545 patent” or US5682545A leveraged by ARM Thumb. SH was used in embedded systems such as Sega game consoles, automotive Electronic Control Units (ECUs), and Japan’s Shinkansen Bullet Train system and became #1 volume RISC CPU shipment for 1996-1997. Shumpei promoted partnerships with Cygnus Support (now Redhat) on GCC / Linux, Sun Microsystems (now Oracle) on Java OS, Microsoft on Windows CE / Automotive and .NET Micro Framework, and QNX on Neutrino OSes. Other work by Shumpei includes TRON floating-point accelerator used in Japan’s national space program, and a never materialized AI32 AI language engine. Shumpei received B.A. in Math from Knox College and M.S. in Computer Science from University of Illinois at Urbana-Champaign.

河崎俊平氏は、2013年からSHC社で、FPGA/SOC上で32/64ビットRISC CPUプラットフォームを開発しています。それ以前は、日立セミコンダクタアメリカと米国ルネサスの仲間とセキュアOSを開発し、北米企業のスマホアクセサリ、自動車用インフォテイメントシステム、光学スイッチ、ネットワークラウタ、デジタルビデオレコーダの機器認証用に使いました。このセキュアOSのAPIは、後に独仏のコンペティタも使うこととなり業界標準になっています。同時期に開発したSH4/4A用音声ライブラリは、米国車、欧州車、日本車のハンズフリーシステムやインターネット結合型ナビに使われています。1991年には、日立-モトローラアーキテクチャ紛争の和解作業に参加しました。この和解調停の技術項目に従い、SHマイコンの命令セットアーキテクチャ(ISA)を開発することとなり、1992年にSHマイコンの20人の仲間と共に「2545発明: 16ビット固定長命令マイコン」を出願しました。ARM社が「2545発明」を採用し、ARM7TDMI、ARM9TDMI等、数多くの銘品を創りました。SHマイコンは、周囲の方の努力で、セガのビデオゲーム、自動車電子制御ユニット(ECU)、新幹線車両、線路インフラ等の組込み用途に使われました。河崎氏は、SHマイコンのソフトサポートを実現するために、シグナスサポート(現レッドハット)のGcc、サンマイクロシステムズ(現オラクル)のJavaOS、マイクロソフトのWindows CE / Automotive / .NETMF、QNXのNeutrino OS等とのパートナーシップを推進しました。日本の宇宙プログラムに使われたTRON用浮動小数点ユニット(FPU)、東京大学とゼロックス社と共同開発したAIエンジンAI32、モトローラ社と共同開発した68450 DMACの開発にも関与しました。河崎氏は、ノックス大学で近代数学を学び、イリノイ大学コンピュータサイエンス学科で修士を修了しました。